読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強みにこだわらないほうがいい、ときもある。

この記事の続きみたいな感じですが。


自分でビジネスをしたいなら、
資格をとったって意味がない

というのは
ほぼ、そのとおりだ、と思う。


けど、
資格があります、
その資格のお仕事でお客様もいます、
ってときに

「でもそれ強みじゃなくて」
「強みを使って仕事したいです
 強みは○○なんですけどー...」


ってどうなんはてな5!はてな5!


{C58E473B-F6BF-4861-8B56-0CF48C338E7B:01}

強みがわかったら、使いたいのはわかる。
使わないと意味ないし。


で、その強みで、どんなビジネスになるのはてな5!
お客様がその強みでできる何を求めているのはてな5!



それがわからなくて
もしくはそれがなくて
ただ強みでできることを売りたいって言ったって
何もできないし。


強みでできるからお客さんくるかなー、ってのは
資格とったからお客さんくるかなー、ってのと
同レベルなんじゃないかと。


たとえそんなに売れてないからと言っても
お客さんが0で強みでできること、よりは
お客さん数人で能力(資格とか)でできること、の方が
仕事になるよねはてな5!


強みでできることで認知度ない、ニーズわからない、よりは
能力でできることで認知度ある、ニーズある、の方が
すぐお客さんくるよねはてな5!


すぐ稼ぎたいなら
強みにこだわらなくて能力でもなんでもいいから
すぐに売れるもの、すぐにお客さんが見つかるもの、を
とにかくはじめるしかない
と思うよ。



”強みでできることをビジネスに”

それは
すぐにビジネスになるならそうしたほうがいいけども
すぐにはお金に結びつかないなら
あとから移行していったっていいんじゃないかなぁ。


…長くなったので続く、かも。