読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値を伝えるために。

「もっと価値があるということを伝えなきゃ」

「どれだけ価値があるかしっかり伝えたい」
 
先日セミナー仲間の方と話していたときに
そんな話を聞いて。
 
 
その方はご自分のサービスの価格をあげたところで
内容はすごく濃くてお客様の評価もいいのに価格が安いので
内容に見合う価格にしたところだったの。
 
 
じゃあ、
価値を伝えるのに何してます何する予定
 
と聞いてみたら
「もっと価値高めるのにさらに勉強しなきゃ」
という答えが返ってきた。
 
それは
「伝える」ために必要なこと、でなく
「さらに価値を高める」ためにすることだよね。
 
価格をあげたから、価値を高める必要なくて
価値に見合う価格にしたのだから
内容や深さはそのままでその価格の価値なのに。
 
{04FD6268-4C44-45A9-B2CC-0DC3617B29EB:01}
 
価値を伝える、って
提供する人がどれだけ勉強したかとかどんな資格があるか
というのを見せたり伝えたりするのではなくて
(理論や技術の裏付けにはなるけど)
 
お客様にどんなメリットがあるか
どんな効果があるか
どれだけいいことがあるか
ということを伝えて
 
その価格で買う意味があると思う理由
その価格払っても納得できると思う理由を
お客様につくってもらえるようにすること。
 
自分が買い物するときだって
無意識にでも意識的にでも
費用対効果とか必要な理由探すよね。
それを意図的につくるようにするだけ。
 
伝えること、伝えるためにすることがずれたら
ほんとに伝えたいことが伝わらないから
なんのために何を伝えるか、意識してみたらいいと思う。