読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を守りたいなら。契約書や書面で内容確認してる?

自分を守ってくれるもの。

セミナー仲間が
業務範囲など曖昧にされちゃって困ってる、
という話をしていて。

それに対してのアドバイスは
「どこかのタイミングで確認させてもらって契約書つくれば?」
でした。


ほんと、そう思う。


というか、
この件に限らず、起業ブームで起業したような方々が
契約書とかいちいち締結してない方多そうで、
だけどどんどん活躍されてる方も多いので
ちゃんとリスク考えてるのかな?と思ったりする。

トラブルになったり、困ったことになる前に
最初から契約書結んでおいた方が安心なのに!!

{D09EBED1-78B9-4ADA-8861-9F57D44447E7:01}

契約書ってめんどうなんだけども
(相手もめんどうがることあるけど)

でも
お互い伝えたこと、合意したことを確認するのには
すごく役に立つものです。

書面に落として確認し合うことで
伝えたつもり、伝えられたつもり、のことと
認識があってなかったら修正できる。


相手がうっかり合意したことを満たさなかったり
故意に合意した以上を要求したり
そんなことがあっても

認識が一致してなくても
契約書があればそこにあるだけが正しいとされるから
言った言わないで無駄にもめなくてすむ。


めんどうだけど、
自分のことを(自分のビシネスのことを)守ってくれるもの。


契約書が確実だけど
見積書と注文書、でも、
しっかり決めたこと文章化すればトラブルにはなりにくいし
注文書よりももう少し細かく決めたければ覚書使ってもいい。

それさえも大変でできないのなら
メールでもいいから文字にして確認しておく、
それを保存しておく、
というだけでも効果ある。
合意したことを、この内容であってますか?ってメールするだけなら
気負わず大変なプロセスもなく簡単にできるんじゃない?


余計なお世話な気はするけども
契約書は大変だ、という方でも
注文書や文字で保存、程度の簡単にできることは
自分のためにやっておくことをお勧めしたい。