読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全てはアピールの場。伝え方動き方がアピールにつながる。

ことばと表現力の力と、自己アピール。


以前、会社での話で
ということを書いたのだけども


よく考えてみたらね、

そういう特定の時間に限らず
全てが、アピールの場だなぁと思う。


アピール、って

何かができます、
これやりたいあれやりたい、
こんな成果出しました!
みたいな

評価されるため、仕事のため、とかの話でなくて。
(もちろんそれも含めて、でいいけど)


相手に何かを伝えるとき、誰かと何かをやるときって
その相手に対して
どんなスタンスで、どんなポジションで、どういう力関係で、って
どんな関係性でいるか、によって
伝え方動き方が違うよね。

逆に言えば
伝え方動き方などで
どんな関係性でいようとしてるのか、を
伝えてる、表現しているのと同じで。

例えば
近づきたいのか距離を置きたいのか、
味方なのか敵対するのか、
対等なのか下から見てるのか、
とか
表面上は違う言動取ってても、ちゃんと聞いてたら見てたらわかるよね?
それがわかると、相手もそこに反応する。


だから
そのときそのときの、全てのシーンでの、相手への接し方そのものが
自分の相手へのスタンスやポジションなどを表してて
そこからどうしたいかというのも伝えてて

全ての場が、
自分自身を相手に伝えるための
何かをするための関係つくりのための
準備というような、自己アピールの場と同じ、だと思う。

{745A406A-EB20-4197-BF5C-514C99DBD276:01}

伝え方動き方だけで、全ての関係性を変えられるわけではないけども
変えられる一端にはなると思うんだ。

関係性によって伝え方動き方が変わるけど
伝え方動き方によって関係性も変わる、
それくらい、ことばと表現って強いよねと思った話。