読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただ投げかけることに意味があります☆

質問するとき、って
相手に答えを求める、答えを期待している、
というときが多いですよね。

問う、のだから
解を得たい、のは、自然な欲求なんだけども

答えを得るための質問、というのは
自分のための質問、になります。

自分が知りたくて聞きたくて質問する、ってことなので。

そういうときに
質問が尋問になりがちかもしれない。


それだけじゃなくて
質問って
相手のために使うこともできるもの!!

自分のためだけでなく相手のためにもなりけども

ただ質問を投げかけること、が
相手のためになることもあります。

答えは返ってこなくてもいいの。
質問して、その質問が相手に届くことに意味がある。

{333887C3-E741-4271-8559-70887628A647:01}
質問すると、
すぐ答えるかどうか、答えたいかどうかに関わらず
答えを考えようと、または、拒否しようとするために
相手に質問自体を意識させることになる。

意識してもらえる、というところから
その質問を考える、につながる。

いったん頭の片隅に入ったら
無意識の中でも「考える」が続いたりして
のちのちにでもふと答えや考えた結果に結びつくものなのです。


だから
相手の思考を促すために、
相手の考えを広げる深めるために、
答えを求めずに質問をただ投げておく、というのが有効なのだ。

逆に言えば
いい質問でないと無駄に思考を使わせることになるけども。


相手のための質問、使ってみませんか??