読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

話さないコミュニケーションが実は大きく強い。

きちんと話してるのに
すごく説明してるのに
なんでうまく伝わらないんだろう。
なんでわかってくれないんだろう。


そんなとき、
言葉じゃないところで
伝えるつもりがないことが伝わっていて
うまく関係性がつくれない、ということもある。



全く話さなくてもコミュニケーションになるものもあるよね。

ボディランゲージ、とかわかりやすいものだけでなく
ちょっとした仕草や反応が、伝えてしまうこと。

目線とか、
口ごもり方とか、
声のトーンとか、
距離感とか、
まとわれる空気とか、

いろんな、すべての言動に、気持ちが見え隠れする。

{2899DDE6-AD55-4076-A61B-CDF5F0602FF0:01}
当たり前の話だけど
話していて
好意的に受け止めてくれている、と感じられたら
話もはずむし、相手の話も聞くし、相手に興味をもつし
お互いを見ながら近づいていけるようになる。
{F2FA26D1-76DB-47A6-90C1-15801CE58D98:01}
逆に
相手に興味持たれてないな、と感じたら
口は重くなるし、相手にも聞こうとも思えないし、相手を知りたくならないし、
お互いの距離は縮まらないどころか広がるかもね。


口ではいい感じのこと言ってても
そう思ってなかったら態度から伝わってしまったりする。

口下手でも
相手のことを考えてるのは言葉以外から伝わったりする。


コミュニケーションって、
言葉だけでなく、
自分のすべてで伝えることだから。

自分と相手との、人と人との関わりだからね。

言葉だけよりも
それ以外の仕草や反応すべての方がめちゃくちゃ多いし
だからその力は大きくて強く伝わるから。


なんかうまくいかないな、というときは
そんなとこも振り返ってみたらいいかもよ?