読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のコミュニケーションをつくる。

自分の心地よいコミュニケーションをとっていくには?


思うように伝えたい、うまくコミュニケーションとりたいときは
相手を見るのが大事と書いたけども

相手を見て、相手に合わせて、というのは
相手を優先しよう、相手のいうことを聞こう、というのとは違う。


自分の言いたいことを伝えるために、思うように進めるために
相手を優先することもあるだろうし
相手のいうことを聞くこともあるだろう。
その相手、その場に対してその方法が有効で
自分もそれがいい、または、それで構わないと思うなら。

相手に対してどう接するか、は
過程や手段であって、目的やゴールではなくて

相手を見て聞いて、相手と話して
この相手にはこの場ではこのアプローチなら届くだろう、
このアプローチでこんな条件ならのんでもらえるだろう、
それを見つけてそのアプローチで接していけばいい。
{0F0467BF-D02B-4C18-9260-0E0EDFA975B9:01}

相手を見て
相手に伝わるアプローチ方法がわかって
だからといってそれを使うべき、ではなくて

そのアプローチ方法で嫌なことやデメリットがあるならば
それでもそうしたいか、を考えて
その手段をとるのかどうかを考える。

相手に伝わりやすいアプローチが自分が得意でないのなら
ほかの方法考えてどの手段がいいか考える。

相手にわかってもらう、相手をわかる、のは必須ではないのだから
わかってもらえなくていい、わからなくていい、としてもいい。
(そもそも完全にわかるとかできないから)


結局は
その場そのときのシチュエーションや
自分と相手との関係やタイミングなどで
その都度その都度考えて決めるしかないのだけど

どんなアプローチがよさそうかわかって
その上で自分に合う方法を選べると
自分の心地よいコミュニケーションが自分でつくれると思うのです。