読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思い出せるくらいに何度も伝える。

何度も何度も伝えて、やっと知ってもらえる。


会社で、結構マメに上司に報告したりする方なんですが
(報告という名での、依頼だったり許可とったりだったりもするけど)

{9D782A0F-6F64-4773-A793-E15188B276AE:01}
そういうとき、
話できそうなときを見計らって
1対1で話してて
そうなんだ、と相槌打ってもらってたり
話聞いて許可もらったりしてるのだけども

{367A7D27-717E-47BA-805C-F076D80D6D89:01}

それでも
また、しばらくして続きの報告したりしてると、
「あ、そんな話あったね」
くらいだったりするわけですよ。

(緊急度や重要度や頻度にもよるけども)


顔見て話してて、仕事の話でさえも、
軽い内容だったらそんなレベルでしか覚えてもらえなかったりする

たくさん話がある、たくさん考えることがある、
そのうちの一つというレベルだから、なんだけど。

でも、自分に少し関係あっても、重要度低ければ、その程度。


だったら
顔も見えない状態だったり
ちらっと見ただけ聞いただけだったり
たくさんの中のひとつだったり
そんなんで、1回や数回で、覚えてもらえるわけないよね…


だから
知ってもらいたいことは
何度も伝えてみることがほんと重要。

チラシなど、広告宣伝のためのものなら特に
何度も何度も見てもらう聞いてもらう、で
まず認識してもらう覚えてもらう気にとめてもらうが大事!!